アルカリイオン水(詐欺的な家庭用の浄水器を訪問販売する業者もいるみたいです)とは、アルカリ性を表わす水の事を言い、直接採取されるか、アルカリイオン生成機で作られます。アルカリイオン生成機は家庭用も普及していますので、アルカリイオン水(電解水の一種で、ペットボトルでも売られていますね)は家庭でも生成出来るとてもポピュラーな水です。アルカリイオン水が浸透することが多くなったのは昨今とはいえ、実はこのアルカリイオン水(一時期は大変なブームになりましたが、最近は落ち着いているようです)、意外に歴史(幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は京都の人気スポットの一つでしょう)が古く、そして発明したのは日本だといえると思います。アルカリイオン水(電解水の一種で、ペットボトルでも売られていますね)の研究がスタートしたのは1945年。植物への影響を研究する事が目的でした。それが人間の体に良いことがわかり、現在みたいになったという事なんです。そんなアルカリイオン水(一時期は大変なブームになりましたが、最近は落ち着いているようです)とはいえ、果たして人間の体に本当にいいものからなのでしょうか。答えはYES。アルカリイオン水(様々な効果があるともいわれていますが、過度な期待は禁物でしょう)には、健康のためのいろんな効果的なのですが、特に期待出来るのが、胃腸症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)の改善です。慢性の下痢はもちろん、消化器官の不調、胃もたれを改め、胃腸の働きを助け、便秘(女性に大腸がんが多いのは便秘が原因とも考えられているようです)の改善も期待できます。アルカリイオン水(詐欺的な家庭用の浄水器を訪問販売する業者もいるみたいです)には、天然のものとアルカリイオン生成機で作られたものの2種類がありますが、その違いとしては、アルカリ性を維持する期間。アルカリイオン生成機で作られた水では、アルカリ性の維持がごく短時間です。そのために、生成してすぐに飲むことをオススメします。一方、天然アルカリ水は、かなり長い期間アルカリ性を維持しています。自然の中で作られた水はやっぱりすごいそうです。なお、アルカリイオン水(一時期は大変なブームになりましたが、最近は落ち着いているようです)は、薬とともに飲むのは控えて下さい。また、無酸症の人は飲用しないように。持病のある人や体が弱っているときは、医師に相談してから飲むようにしますー