ISD個性心理学が気になります

地域で小学生やそのママたちとの交流活動をしています。
皆さんと話をしていると、最近の子どもたち、いいえ、大人たちも、周りの人との関係に悩んでいる人が多いことに気づきました。
私が子どもだったころにはなかったような悩みを今の時代は抱えないといけない環境になっているのかと、少し心配になってきます。
でも、おそらく、同じ状況だとしても、そんな風にマイナスに考える人ばかりではないのになと思うことが多々あります。
相手に寄り添いながらも、前向きになれる言葉がけをしてきましたが、なかなかそのつらさから脱却できないでいる。もしかしたら、私との関係をもまだ十分でないのかなと思うこともありました。
そんな時、知ったのが、ISD個性心理学。
聞きなれない言葉ではありますが、自分自身の気持ちをコントロールする方法や人間関係を円滑にするノウハウなどを学べるのだそうです。
学んだその日から即実践していけるそうなので、挑戦してみたいと思っています。
今の世の中は、本当に人との関係性が薄くなってしまっています。隣人や近所の人と共感し合うことで、生活がより豊かになることって多いですからね。この資格を取って、周囲の人間がもっと幸せに暮らせるよう、何らかの支援ができたらいいなと思っています。