ユーザー車検とは

車検というのは、整備工場やディーラー、フランチャイズ車検などが主だと思っていましたが、ユーザー車検というものがあって全て自分で行うんだそうです。
車検に合格するためには、全ての書類を準備して陸運局に行って書類を出して重量税を払い、車の検査をしてもらって基準に合っていれば合格して新しい車検証を交付してくれるんですよね。
しかし車の点検や整備だけは、特殊な工具などが必要になるためよほどの知識がある人でないと無理なので、業者に依頼する人が多いようです。
その場合の費用は2~3万円になり、その他の事務的なことを自分で行えば業者に全てやってもらうより数万円安くできることになります。
比較的高いディーラー車検と比べると、半分程度の価格になることもあるそうです。
事務的な作業はそう難しくないので、とにかく車検代を安くしたいという人は、1度やってみる価値はあるかもしれません。
1回できたら占めたもの、おそらくそれからは他の車検は高くてできなくなるでしょうね。
ユーザー車検のメリットは安くあがって車検の知識がつく、デメリットは平日に休みが必要、車検に通らなかった場合、業者にまた直してもらって再度受け直しが必要になるということです。